女性を脈ありにするには



女性を脈ありにするには、努力が必要です。あなたは好きな女性に告白したとします。好きな女性がいたら、悩んでいないで告白してくださいね。告白した方が恋の発展につながることは何度もお話していますよね。^^もしまだ読んでいない方がいらっしゃいましたら、「女性を落とす最良の方法」とかをご参考ください。^^話を戻しますと、告白して、いろいろあって、なんとか好きな女性とお付き合いすることができたとします。好きな女性があなたと付き合ってくれると約束してくれた!これはとても嬉しいことですし、脈あり!と思います。普通は。^^でも、女性の男性を好きになるカーブって緩やかなんだってことはご存知でしたか?あなたは女性が付き合ってくれた!と安心してしまうと思うのですが、ここで安心してしまうと脈あり女性にはなりません。むしろ、短い期間で女性から別れを告げられることだってあります。これではもったいないですよね。女性の脈ありかどうかというのは、付き合い始めてからが勝負なのです。女性はあなたという男性とお付き合いすると言ったからと言って、あなたのことが100%好きだとは限りません。いえ、100%好きと思わないほうがよいでしょう。あなたが女性を脈ありにする努力を怠らないためにも。少しここは厳しくお話しておきますね。女性は、あなたのことが好きでなくてもお付き合いはするのです。言い方は悪いですが、あなたのテスト期間を設けているのです。ですからお付き合いできたからと言って、安心しない方がよいでしょう。むしろ、あなたを好きにさせる、脈あり女性にするためにこれから努力が必要です。なにも努力せずに脈あり女性をゲットできると思わない方がよいですよ。お付き合いした途端に、振られてしまうなんていう厳しい現実が待っていますから。だからこれを読んでいただいているあなたには、好きな女性とお付き合いできたとしても、まだ安心せずに、脈あり女性にするために、これからも努力してほしいのです。私と同じ失敗をしないためにも。^^;女性を本当の脈あり女性にするのって努力なくしてはありえないですよ。^^がんばってくださいね!

恋愛で主導権を握る



恋愛には、主導権というものがあります。男性と女性のどちらの意見を通せるか。それが主導権にあたります。主導権を握っている側の方が、恋愛を優位に運ぶことができます。よって、楽です。^^恋愛の主導権はどうやったら握れるのでしょうか?今日は恋愛の主導権握ることについてお話しますね。^^

まず第一に、恋愛には適度な距離感があることを覚えてください。あなたは、好きな女性に対して、好きなので、とても優しくしたいと思っているかもしれません。でも、あまり優しくしすぎると女性は放れて行ってしまいます。女性の意見に合わせすぎるといい人で終わってしまいます。ある程度、女性の意見を尊重しつつ、あなたの意見にもっていくよう調整してください。それには優しすぎず、冷たすぎずという距離感が必要になってきます。この距離感を保つことで恋愛の主導権をあなたが握ることができます。女性の意見を通しすぎて、いい人止まりの男にならないよう、気をつけてくださいね。^^私もそれで1度失敗しました。^^;好きなのに別れを言われるって辛いですよね。^^;気をつけてくださいね。

では次に、恋愛で主導権を握るには、ある程度、好きな女性と余裕のある接し方をしましょう。あまり、ガッツキすぎて、何でもかんでも女性に尽くしてはいけません。それでは恋愛の主導権は握れません。一緒に過ごすときは、最大限に優しく接し、ともに離れたときは、少し気のない素振り程度が丁度よいでしょう。その方が恋愛の主導権を握れます。一緒にいるときは、あなたの好きな女性に幸せな時間を提供します。いっぱい、いっぱい幸せにしてあげてください。^^でも、離れたときには、ちょっと冷たい態度をとる。これが恋愛の適度な距離感にもつながってきます。すると女性はあなたと幸せな時間を過ごしたいから、あなたと一緒にいたいと思う。これで恋愛の主導権はあなたのものです。^^わかるでしょうか?好きな女性には、少し気持ちに余裕をもって接することで、恋愛の主導権を握れますよ。^^

今日は、恋愛には距離感がある、そして好きな女性には余裕をもって接する、ということをお話しました。これであなたも恋愛の主導権を握って、優位に恋愛を進めてくださいね!するとあなたには、バラ色の人生がやってきますよ。^^がんばってくださいね!

女性の好意のサイン


あなたは女性がどんな好意のサインを見せたときに「あなたのことが好き」と思うでしょうか?なかには、女性がどんな好意のサインを見せたときに、あなたのことが好きで、あなたは女性にアタックしてよいかどうか迷ったことはないでしょうか?今日は女性の好意のサインに対する「迷い」についてお話しますね。

女性の好意のサインがどんなものかわからない、このサインは、女性が僕に好意がある、ということなのか?という悩みを持っている方が多いようです。女性のサインがわからない、どんな好意のサインがあるか教えてほしいと。でも私は、どうしてそんなことで悩むのだろう?と思ってしまいます。誰かが「恋愛は勘違いからはじまる」と言っていました。恋愛のきっかけは、なんでもよいのです。勘違いでもよいのです。もし、あなたが「あの女性、俺のこと好きなのかも。」そして、「あのサインは、俺に向けてのアプローチのサインなのかも。」「俺、彼女と付き合ってみたい!」と、思うのなら、あなたがアタックしてみたい、告白してみたいと思うのなら、アタックすればいいのです。迷う必要はありません。わかりますか?つまり、女性があなたに好意を持っているかどうかは、関係ないのです。あなたが、その女性のことが好きなら、アタックすればよいのです。あまり女性の好意のサインってどんなの?と考える必要はないですよ。もちろん、女性もあなたのことが好きで好意のサインを見せているのなら、話は早いです。すぐお付き合いできるでしょう。でも、もし女性の好意のサインがあなたに好意のないサインだった、とわかってしまったら、あなたはどうするのですか?「なんだ、違うんだ。じゃ、アタックしてもだめだな・・・」とあきらめるのですか?あなたがその女性のことを本気で好きならあきらめてはいけません。アタックあるのみです。アタックして、もし振られてもいいのです。女性は、アタックして、あなたを振ったあとから、あなたのひとりの男性として意識して見るようになりますから。振られてからが、勝負なのです。だから、アタックして、告白して、振られることは、想定の範囲内と思いましょう!本当に好きな女性なら、その女性の好意のサインに迷ったり、悩んだりしないでください。あなたが好きならば、アタックあるのみです。がんばってくださいね!^^

関連記事
女性のOKサイン

恋愛上手なもてる男になる方法



あなたは、もてる男ってどんな男と思いますか?かっこいい、ハンサム、頭がいい、スタイルがいい、会話が上手など、いろいろ思いつくと思います。でも、もてる男の本当の本音、心の中で何を考えているかって知っていますか?今日は恋愛上手なもてる男のポリシーについてお話しますね。このポリシーを持つか、持たないかで、あなたの女性に対する態度、接し方、考え方がガラッと変わりますよ。^^

では、早速、もてる男のポリシーとは、ズバリ、女性と●●●をしたい!これがものすごく強いのです!●●●は、すみません、ここでは倫理上、控えさせていただきますね。^^;ご想像におまかせします。でも、わかりますよね?^^;もてる男の頭の中で考えていることは、女性と●●●をしたい!ということが一番にあります。この考え方を持つか、持たないかで、あなたの女性への接し方が、ガラッと変わると思います。ただ、女性と●●●をしたい!だけじゃだめですよ。ポイントは、「ものすごくしたい!」です。そこまで思わないとあなたの女性との接し方は変わりません。では、女性と●●●をものすごくしたい!と思うと、あなたがどう変わるかと言いますと、女性に対するサービス精神が沸いてきます。女性に積極的に話しかけるようになったり、女性雑誌を読んで、女性と話が合う努力をしたり、流行の情報をいち早く手に入れるよう努力したり、など、いろいろな女性に対する努力を自然とするようになるのです。だって、女性と●●●したい!のですから。^^;もてる男は、そのことが頭の中に一番にあります。だから、女性を喜ばせることが得意としているのです。もてる男は、それなりの努力をしているのです。もしかしたら、もてる男、本人は気がついていないかもしれません。無意識に努力をしているのかもしれません。女性と●●●したい!というのは、男の本能ですから。^^;ですから、もしあながた女性に対して消極的な場合は、あなたも強く「女性と●●●したい!」と思うことです。そうすることで、女性に対するサービス精神を持つようになり、女性を喜ばせるための努力をするようになります。女性は喜ばせてくれる男性に、自然と興味を持ちます。このよい循環を作るためにも、ちょっと下品かもしれませんが、「女性と●●●したい!」と強く思うようにしてください。それが、あなたが恋愛上手なもてる男になる方法の唯一の近道です。がんばってくださいね!^^
「まじめ草食男は女を口説くな!」

「草食系が美人からモテる方法とは?」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
マメにせずに誘わせるLINE術




彼女のココロを遠隔操作する技術
恋愛メール大百科



キスのタイミングは?
一撃Kiss





恋愛ひと言メモ - 彼女を作るには

彼女を作るには、女の子と出会わないといけません。出会いの数だけ彼女を作る可能性があがります。夜のクラブや料理教室など女の子がたくさんいる場所へ出かけましょう!