話を聞いてほしい女心



女性は、日常生活の中で起こった他愛のないことを話したがります

特に面白いことが起こったわけでもないのに、

「ねぇねぇ、今日ね、スーパーに行ったらね、〜・・・。」

と話しはじめ、聞いても最後にオチはありません・・・。

「だから何?」

と男は結論を求めてしまいますが、女性は、

「ただそれだけだけど?」

と、あっけらかんとしています・・・。^^;

しかしならが、そんな普通の女性の話を上の空で聞いていると女性は、

「私の話を聞いてるの?!」

とブチギレます。^^;

なので、女性はそういう生き物だとある程度割り切ってお付き合いすることも必要です

女性に、

「オチをつけろ!オチを!」

と言ってもなかなかそれを実践できる女性はいません。^^;

暖かい気持ちで女性の話を聞いてあげてくださいね。



恋は熱い内に打て!


熱い内たなければいけません。

どういうことかというとはじめてデートに誘うことに成功したら、そこからなるべく早い段階で好意の気持ちをアピールすることが必要ということです。

理由は、ただ単にデートを何度も繰り返しているだけでは、女心も気持ちが冷めてきてしまうのです。

ただのお友達としかあなたを見なくなってしますのです。

だから、恋は熱い内に打て!ということで、初デートからなるべく早めに好意の気持ちをアピールすることが大事なのです。

好意の気持ちのアピールの仕方は、いろいろあります。

手をつなぐ、キスをする、告白するなど。

友達を一歩超えたアクションをすればよいのです。

女性があなたとデートしてくれるということは、その段階では女性はあなたを嫌いではないということです。

だから、早い段階で好意の気持ちをアピールすればOKしてくれる確率も高いのです。

好意のアピールするのが遅れれば遅れるほど成功率も下がります。

女心の気持ちが冷めていくからです。

なので、好意の気持ちのアピールは、初デートから早い段階でしましょう。

恋は熱い内に打て!

この気持ちをもってデートに望んでくださいね〜

女性に言ってはいけない言葉


女性言ってはいけない言葉があるのをご存知ですか?

この言葉を聞くと女性のテンションが下がる言葉です。

たとえば、「君が好きなのでいいよ。

食事の時とかデート先を決める時に言っていませんか?

相手のための思いやりの言葉のように思えるけど、女心からすると責任転嫁、無責任な言葉ととらえ嫌がられます。

女性は決定することが苦手な生き物です。

決定するのは、男がやってあげましょう!

男が決定してこそ、女性心理からすると「男らしい!」「頼もしい!」「素敵♪」となるのです。

優しすぎる男は女性から嫌われます。

女性に決定事項を委ねず、あなたが決めてあげましょう!



ただ、決める時にあなただけで決めてはいけません。

女心はわがままなので、決めるのは男にしてほしいけど、私の意見も聞いてほしいと思っています。

ほんと「どっちやねん!」って感じですけど、これが女性の本音です。

決める時は女性の意見を聞いてからにしましょう。

女性の意見を聞いて、決定はあなたがしましょう。

こうすることで女性の不満をおさえ、あなたが頼もしいと思われます。



「君が好きなのでいいよ。」という決定を女性に委ねるような言葉は使わないように気をつけましょう〜

女性に共感しよう


女性共感してほしい生き物です。

なので、まずは話を聞いてあげることが大切です。

あなたの話をするのではないですよ?

女性の話を聞いてあげるのです。

すると女性は、自分の話を聞いてくれる人のことを「私のことをわかってくれている、理解してくれている。」と思います。

そうなると親近感がわいてきて、心を開いて親密な関係になっていけるというわけです。



そこで注意しないといけないのは、”女性に解決策や結論はいらない”ということです。

女性の話を聞くと男はよくアドバイスをしようとしてしまいます。

女性のために。

でも女心は、解決策とかいらないのです。あとで自分で考えるのです。

それよりも話をただ「うん、うん、そうだね。」と聞いてほしいのです。

共感してほしいのです。

それが一番心地よいのです。

男は、女性の話を聞くとどうしてもアドバイスをしてしまいがちなので、女性の話を聞く時は注意してくださいね!

女性にやってはいけないこと

女性やってはいけないこと、というのは色々あります。

中でも”媚びる”というのは、女性に絶対にやってはいけません。

女性に媚びると女性の恋愛感情は一気に冷めてしまうからです。

それはなぜでしょうか?



女性心理には、誰か頼りたい、守ってほしいという気持ちがあります。

それは、自分が弱い人間だと本能でわかっているからです。

「強い男性に守ってほしい・・・。」

こういう気持ちが、女心にはあるのです。

ということで、女性は頼りない人を好きになったりしないのです。

求めている人でないわけですから。



”媚びる”という態度は、下の人が上の人にする行動です。

つまり、女性心理としては、媚を売ってくる人は、下の人と判断し、頼れない → 頼りない → 恋愛対象からはずれる、というわけです。

女性に媚びてはいけません!!

女性にいつまでも愛される存在でいるためには、常に女性より上の人でいることが大切です。

「俺がこいつをリードしてやる!」

これくらいの気持ちをもつことが大事です。

女性に甘えてリードすることを怠ると、女性の気持ちは離れてしまいます。

女性に媚びたくなる(甘えたくなる)時もあると思いますが、それはたまにするようにして、普段は女性を守る強い男性をアピールしましょう。



女性にやってはいけないこと”媚びる”はおわかりいただけましたでしょうか?

意外と”女性は許してくれる”と思っている人が多いようですが、油断してはいけません。

女心は、あなたの媚びる態度を見るとすぐに冷めます

あなたは大丈夫ですか?

女性に媚びる態度をとっていませんか?

LINE交換から恋愛結婚へ発展させるには?

女性とのLINEが続かない・・・

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ならばこう送ると彼女の反応が変わります






恋愛ひと言メモ - 彼女を作るには

彼女を作るには、女の子と出会わないといけません。出会いの数だけ彼女を作る可能性があがります。夜のクラブや料理教室など女の子がたくさんいる場所へ出かけましょう!