女が男を好きになる嫌いになるには理由がある


女が男を好きになる、または嫌いになるには理由があります。


つまり、


女にモテるには、女が好きになる特徴をたくさんもつ

女に嫌われないためには、女が嫌いになる特徴をもたない


ということが大事になってきます。


これは「女心とは」というテーマでよく言われていることなので、この特徴を知っているか知らないかだけの話です。

女心とは、を知ることが大事というわけです。



女性が好きな男の特徴

女性が好きな男の特徴というと、


  • 清潔感がある
  • さわやか
  • 普通におしゃれ(ダサくない)
  • 話がおもしろい
  • 一緒にいて楽しい
  • ある程度の経済力がある


などがあります。


逆に女性が嫌いな男の特徴というと、

  • 不潔
  • 服装がダサい
  • 一緒にいて楽しくない
  • ネガティブ思考
  • ケチ
  • 人の悪口を言う
  • マナーが悪い

などがあります。


こういう女性心理が好きなこと、嫌いなことを理解しておくことが重要です。



ちなみに高学歴、高収入、高身長がモテるという話を聞きますが、いくらこの3つの条件がそろっている男でも不潔や性格が悪い男だとモテません。

嫌われます。

やはり女心としては最低限「清潔さ」をクリアしている男でないと恋愛対象にならないのです。


逆に低学歴、低収入、低身長でもモテる男、彼女がいる男っていますよね?

それは女性がその彼と一緒にいることが楽しいと感じたり、面白いという理由があるから一緒にいるのです。



このように女が男を好きになるにはそれなりの理由があります。

また、女が男を嫌いになるのにも理由があります。

どういう理由で女が男を好きになるか?嫌いになるか?を知ることが女性と恋愛する上では大切です。



女が男を好きになる特徴、嫌いになる特徴をよく理解しておきましょう!

彼女に期待すると振られる


彼女期待すると振られることがあります。


誰でも付き合っている彼女には「こうあってほしい!」「こうしてほしい!」という欲求があると思います。


「俺の理想の女性、恋人になってほしい!」


その方が付き合っている男としても楽しいし、楽ですからね。

気持ちはよくわかります。



でも!

彼女に期待しすぎるとそれきっかけで振られる原因になることもあります。


例えば、よくあるのが自分の職業柄、彼女にもそれを押し付けようとする態度です。



  • 料理人の彼氏が、彼女に「料理が下手!もっと料理上手になれ!」と要求する

  • 介護職の彼氏が、彼女に「風邪をひいた俺の看病の仕方がなっていない!」と怒る


これもいわゆる彼女に対する「こうなってほしい!」という期待です。

職業柄、彼女の見方が厳しくなっているのですね。



こういうことを言われても、女性は、


「プロじゃないんだからそこまであたしはできないわよっ!」


逆ギレされてしまいます。

また、男の期待する態度にイライラしたり、精神的に疲れる女性もいます。

で、結果的に振られる原因なってしまうのです。



こういうことから彼女に期待しすぎるのは禁物なわけです・・・。



)自分色に染めるのはあきらめる?


彼女に対して「こうなってほしい」「こうしてほしい」と思うこと、あると思います。

でもあまり期待しすぎるとケンカになることもあります。


また、言ってもやってくれなかったり、治らない性格もあります。(何度言っても・・・)

そんな時、時にはあきらめることも大切です。


「彼女はそういう性格なんだ・・・」


という割り切りも必要です。


人にはなかなか変えられない性格というのもあります。

あなたにもないでしょうか?



人に迷惑をかけることでなければ、ある程度はダメな性格のところがあっても受け入れてあげてください。


「彼女はこういう人なんだ・・・」


と割り切れば、文句を言う必要もないですし、ケンカもなくなります。






いつまでも彼女とはラブラブで仲良しな関係でいたいですよね!

恋愛感情、愛情を長続きさせるためには、相手の性格を受け入れることも大切です。

彼女に過度の期待はせず、彼女のありのままの性格を受け入れるように心がけましょう!
>女性とうまく話せない男の切り札<

好きな女とうまく話せなくてもLINEで
挽回するコミュニケーション術とは?




彼女のココロを遠隔操作する技術
恋愛メール大百科



キスのタイミングは?
一撃Kiss





恋愛ひと言メモ - 彼女を作るには

彼女を作るには、女の子と出会わないといけません。出会いの数だけ彼女を作る可能性があがります。夜のクラブや料理教室など女の子がたくさんいる場所へ出かけましょう!